協和キリンフロンティアは、協和キリングループの基本方針に則り、社会課題への取り組みによる「社会的価値の創造」と「経済的価値の創造」の両立により、企業価値向上を実現するCSV経営を実践しています。

健康で安全な職場づくり

健康経営の方針

協和キリングループでは、従業員の生涯を通じたQuality of Lifeの向上を図ることで、『健康で質の高い豊かな人生の実現』を目指すため、協和キリングループ健康宣言を発信し、2018年6月より「協和キリングループ Wellness Action 2020」の取り組みを開始いたしました。

協和キリンフロンティアは、お客様へ健康をお届けする企業として、従業員が積極的にメンタルヘルスや生活習慣病予防に取り組むことにより自らの健康リスクの低減や豊かな人生の実現に加え、会社、社会に貢献していきます。

協和キリングループの健康経営

2021年からは、健康経営の数値目標として「協和キリングループ Wellness Action 2025 GOALS」を掲げています。

協和キリンフロンティアは、この活動を通じて従業員の健康上のリスクを最小化すると共に、前向きで活力のある職場の形成を目指します。

協和キリングループ Wellness Action 2025 GOALS(数値目標)

日本 協和キリングループ Wellness Action 2025 [目的]従業員とその周囲の方:・心身の健康リスクの低減・豊かな人生の実現 社会:・社会課題※への対応 ※医療費増加、肥満、活動量不足、偏食など・Wellness Action推進による社外への好影響 会社:・1人ひとりのパフォーマンス向上による企業価値向上・Wellness Actionを通して壁を乗り越える企業文化醸成 [ありたい姿勢]従業員とその周囲の方が、Wellness Actionを自分ごととして、ワクワク感を持って取り組んでいる [社員の活性化]活躍する社員比率の向上 2025年目標 2020年度結果を上回る [健康に対する行動変容_重点目標_Wellness Action 2025 GOALS]運動:ウォーキングキャンペーン時の平均歩数5,000歩かつ参加率:80%以上 食事:1年のうち2週間継続して食事記録した者の割合80% 睡眠:自身に適した睡眠習慣を知った者の割合80% 休暇:平均休暇取得日数16日以上 [健康に対する行動変容_重点目標_キリングループCSVコミットメント(2021年指標)]飲酒:AUDIT10点未満 78%以上 休養:ワークライフバランス肯定回答60%超 メンタルヘルス:いきいき度115 喫煙率5%以下維持 定期健康診断受診率100% 健康診断事後措置ガイドライン厳守(協和キリン社)[協和キリングループ人材マネジメント基本方針]社員 自律し、変革に挑む 個を活かし、共創を促す 会社 [取組体制]コラボヘルス 健康保険組合 [協和キリングループ経営理念・ビジョン、価値観、行動規範]

協和キリンフロンティアのWellness Action2020(結果)

FOCUS:生活習慣の改善・がん対策・ストレス対策・働き方の改革 Wellness Action 2020 GOALS:[定期健康診断受診率]100%、[高リスク者受療率]100%、[職場のポジティブメンタルヘルス実施率]100%、[年休取得率]80%、[適度な身体活動を行っている割合]50%、[喫煙率]5%

この表は左右にスクロールしてご覧いただけます

指標 定期健康診断受診率 高リスク者受療率 年休取得率 適度な身体活動を行っている割合 喫煙率
取組前 100% 100% 68% 33% 17%
2018年実績 100% 100% 87% 67% 0%
2019年実績 100% 100% 85% 78% 6%
2020年実績 100% 100% 83% 79% 0%
評価 達成 達成 達成 達成 達成

健康と豊かさの実現のために

社会保障費(医療費)の増大を抑制することは、我が国の重要な課題の1つです。その解決策となるのが後発医薬品などの利用拡大と考えます。

協和キリンフロンティアでは、国内で初めてバイオ医薬品のオーソライズドジェネリックの製造販売承認を取得いたしました。

オーソライズド・ジェネリックとは

後発医薬品メーカーが先発医薬品を製造販売するメーカーから特許権の許諾(Authorize)を受けて製造販売する後発医薬品です。一般的には「有効成分、原薬、添加物、製法」などが先発医薬品と同一である後発医薬品をいいます。

契約の内容によって異なります。

安全・安心をお届けするために

協和キリンフロンティアは協和キリンとの販売提携により、先発医薬品で蓄積された豊富な情報を、継続して医療機関へお届けしています。また、情報収集(蓄積)、分析、評価、情報提供のための盤石な体制を構築しています。